2016年6月6日月曜日

強度近視メガネでも美人な理由・Oさんの場合。


近視度数の強さを
全く感じさせないOさまのメガネ姿。

この角度から見るとフェイスラインのズレも、さほど目立ちません。
フェイスラインのズレには目立たない角度があります。

近視の度数は
右目S-7.75、左目S-7.75
ご使用レンズは屈折率1.76ランク。




レンズの厚さが目立たない理由は
フレームのデザインにあります。



厚いレンズの存在感を打ち消す

 適切なフレームのボリューム感が大切です。




そして何よりも

掛け心地の良さには
 「特別なフィッティング術」が重要です。

こちらは調整の途中。U字型のパット足を
専用の工具を使って調整します。


たとえば鼻パットの位置を
いかに上手く合わせるか?


左側の鼻パットのU字型の足を上に持ち上げたところ。
これから下方へ回転させて修正します


これには鼻パット部分を
自在に操る特別な技術が必要です。
(ほとんどの眼鏡店では、行っていないのが実情。)

U字型の足を下方へ回転し左側のパットの位置を下げました。
このあと右側も修正します。


上記はフィッティング術のほんの一例です。
鼻パット位置の修正は大変重要ですが
他にも様々な部分を調整します。

これでコンタクトを止めて
メガネを一日中使っても
掛け心地はほとんど気になりません。


キレイなお嬢さま系のO様から






親しみやすい可愛い系のO様へ



「特別なフィッティング術」により
目とレンズの位置が最良になると
更に似合って見えます。

似合っているだけでなく心地も良い。
それには理由があるのです。



❀♡□⭐︎□◆○❀♡❀♡




SHOP

GLASS Fitter SASADA
→ Home page



❀♡□⭐︎□◆○❀♡❀♡











0 件のコメント:

コメントを投稿